日向のチャオへようこそす!

■4コマまんがを始めから読みたい方はこちらから!!

チャオの昔の4コマ漫画「日向話」をはじめから読みたい方はこちらからすよ!
日向話① おじいさんとドーナッツ
日向話② チャオの優雅な日々
日向話③ チャオとサボテンと仲間たち

その他のおすすめカテゴリす
チャオのパリ生活 チャオ@北京 遊ぶチャオ チャオの夢 ピンクヒストリー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
150929c.jpg
餃子、それは神秘的な食べ物す・・

唐突に大げさな書き出しになってしまったすけど、皆様ギョウザはお好きす?
チャオはおうちで作る餃子がたまらなく好きすの。
好みの具材と安心な味付けで最も好きな感じに仕上げられるからすけど、
なんといってもホットプレートでアツアツのままいただけることがポイントす。

お肉はバラ肉でもロースでも、そのとき食べたい塊のお肉を買って
フードプロセッサーでひき肉を作るす。簡単なこの一手間で、美味しさがぐんと変わってくるす。
あとはニラ、キャベツまたは白菜、長ネギ、だし少々、生姜少々、胡椒少々、酒、塩、醤油、みりん数滴
など、おいしいそうな調味素材をおもいつくままに適当に混ぜるだけす。
ニンニクは入れなくても十分においしいす。臭いを気にしなくていいからいつでも食べられてハッピーすね。

チャオは実は少しだけすのけど上海に住んでいたことがあって、
本場の餃子(水餃子)はニンニクは入っていないことを知り、それ以来入れるのはやめたすの。
中国は細い黄ニラなんかを使っているんじゃないかすら。あとは細いセロリとかも入ってると思うす。
日本の焼き餃子よりも、野菜の風味が強くて味付けは薄めすのしす。
もちもちの皮に黒酢をつけていただくと最高すねえ。
お肉は豚以外にも羊肉や牛、変わったのではロバのお肉のもあったすよ。
今は環境汚染の問題がいろいろと心配すけど、楽しい暮らしだったすよ。また住みたいわの。

・・・餃子からついつい異国の地への思いを馳せてしまったす。

タネが出来上がったら
楽しくおしゃべりしながら包んだら、あとはホットプレートで焼くだけす。
少しだけ焦げ目がついたら、お水を半分かぶるくらいにかけて蒸し焼きすね。
水が無くなったら、蓋をあけて水分を飛ばせばパリッパリの羽ができるす!いとおいしよ!!

ピンクさんも大好物で、静かに何十個も食べてるすねえ。
チャリンのは早めにとりわけて冷ましてあげてるすのけど、
これがまた困っちゃうくらいの餃子好きなもんすから、お腹を壊さないように数を決めてあげてるすのよ。
いくらでも食べさせてあげたいすけど、まだ小さいすからね〜、小学生になるくらいまで待ってもらうとするわのしす。

それにしても、あつあつの餃子を一口食べた時と言ったら・・至福すねえ。
幸せ〜という言葉が漏れ出てしまうわの。
でも、ここまでの多幸感を味わいには、お腹ペッコペコにしておくのが必須条件すよ!!!





スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
チャオ : :日常
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。